カーナビに気を取られて信号無視 バスと出会い頭衝突

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

11日夕方、埼玉県川口市内の県道で、赤信号を無視して交差点に進入してきた乗用車と、青信号に従って進行していた国際興業バスが運行する路線バスが出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故で乳児を含むバスの乗客4人が軽傷を負った。

埼玉県警・川口署によると、事故が起きたのは11日の午後4時15分ごろ。川口市中青木3丁目付近の県道で、赤信号を無視して交差点内に進入してきた乗用車と、青信号に従って走行していた国際興業バスが運行する路線バス(川口駅発/戸塚安行駅行き)が出会い頭に衝突した。

バスは急ブレーキを掛けたため、車内で乗客の転倒が発生。乳児1人を含む男女4人が打撲などの軽傷を負い、近くの病院で手当てを受けている。

警察では乗用車を運転していた47歳の男性から自動車運転過失傷害などの容疑で事情を聞いているが、調べに対して男性は「カーナビに気を取られた」などと供述しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集