パーク24の10月期決算…駐車違反取締り強化で大幅増収

自動車 ビジネス 企業動向

パーク24が発表した2007年10月期の連結決算は、営業利益が前年同期比4.0%増の126億5400万円と増益となった。

売上高は同15.6%増の754億5800万円と、2ケタの増収となった。6月に駐車違反に対する罰則が厳罰化されたことなどから、時間貸駐車場の稼働状況が好調だった。

ただ、新規開発物件の増加や開発を強化したため、利益率が低下、経常利益は同1.0%増の118億7300万円にとどまった。さらに、税金費用などを控除した結果、当期純利益は同4.7%減の68億4000万円と減益だった。

2008年10月期の業績見通しは売上高が同17.7%増の888億円、経常利益が同1.1%増の120億円、当期純利益が同3.8%増の71億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集