スズキ、タイに四輪車新工場の建設を決定

自動車 ビジネス 企業動向

スズキは、タイに新しく四輪車の工場を建設することを決定した。新工場は、タイ中部のラヨン県に建設し、2010年夏からの稼動を予定している。

スズキグループにて資本金30億バーツ(約100億円)を出資して新規に生産会社を設立し、工場建設のための投資金額は95億バーツ(約314億円)、フル稼働時の従業員数は約1200名を予定している。

現在スズキはタイにおいて、子会社の「スズキ・オートモービル・タイランド」社が、タイ国内での販売を行っているが、タイ政府のエコカープロジェクトにおいて、スズキもエコカー生産についての承認を受けており、エコカーの条件のひとつである「生産開始から5年後の生産台数10万台以上」の生産能力を持たせる計画で、今後近隣諸国への輸出を含めた生産・販売を行っていく。
《武田浩一》

編集部おすすめのニュース

特集