ハイドフェルド「2009年F1は危険」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

5日のヘレステストで2009年から導入予定のスリックタイヤと2009年スペックのエアロパッケージをテストしたBMWザウバーのニック・ハイドフェルドが感想を語った。

「今日試した2009年版ダウンフォースパッケージは今シーズンの約半分になる予定だ。ダウンフォースは減少するし、2009年はかなりスローなマシンになるだろう」

「もしこのまま行けば2009年はかなり危険だよ。僕はアウトラップですぐにピットに帰りたくなったぐらい。他のドライバーが飛ぶように僕を抜かしていったよ。みんなと比べると僕のマシンは静止しているかのように感じられた」

「すごくスピンしやすいし、ある意味で非常に危険だ。パワーは充分すぎるほどあるのに、グリップが極端に少ない。僕はこういうマシンは全然好きじゃないよ」とハイドフェルドは語っていた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集