地下道入口に乗用車が突っ込む 運転者が意識不明

自動車 社会 社会

2日早朝、富山県富山市内の国道8号を走行中の乗用車が路外に逸脱。道路左側に設置された地下道入口階段のコンクリート壁面に衝突した。クルマは横転。運転していた56歳の男性は意識不明の重体となっている。

富山県警・富山中央署によると、事故が起きたのは2日の午前6時55分ごろ。富山市本郷東部付近の国道8号を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路左側に設置された地下道入口階段のコンクリート壁面に衝突した。

クルマは横転。運転していた56歳の男性は全身を強打。近くの病院に収容されたが、意識不明の重体となっている。

現場は片側2車線。衝突地点の手前にはブレーキ痕があった。警察では事故の原因を調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集