首都高速に侵入した男性、複数台のクルマにはねられ死亡

自動車 社会 社会

1日未明、神奈川県横浜市南区内の首都高速道路・狩場線下りで、道路上を歩いていたとみられる男性が複数台のクルマにひき逃げされ、死亡する事故が起きた。警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。事故が起きた時間帯の通過車両を調べている。

神奈川県警・高速隊によると、事故が起きたのは1日の午前1時ごろ。これより以前の午前0時50分ごろ、横浜市南区南太田4丁目付近の首都高速道路狩場線の下りを走行していたクルマの運転者から「本線上を人が歩いているようだ」との通報が寄せられた。

同隊の隊員が現場に急行したところ、本線上に人が倒れているのを発見。複数台のクルマにはねられ、すでに死亡していた。後の調べで男性だということが判明している。

警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。ひき逃げされた男性の身元や、高速道路へ進入した経緯を調べるとともに、事故が起きた時間帯に現場付近を通過したとみられる車両の特定も進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集