バールのようなものでガラス破壊、2人組の男がクルマ襲撃

自動車 社会 社会

11月28日未明、滋賀県草津市内で駐車中のクルマがバールのようなものを持った2人組の男に襲撃され、乗っていた男女2人から現金3000円あまりを奪う事件が起きた。警察では強盗容疑で捜査を開始している。

滋賀県警・草津署によると、事件が起きたのは11月28日の午前4時20分ごろ。草津市矢橋町付近の駐車場に止めたクルマの車内で24歳の男性と21歳の女性が話をしていたところ、2人組の男が接近。バールのようなもので運転席側の窓ガラスをいきなり破壊するとともに、それを突きつけて脅し、現金を出すよう暗に要求した。

2人が所持していた3000円あまりの現金を差し出すと、2人組の男はそれを奪って現場から逃走した。男女にケガはなく、警察では強盗事件として捜査を開始している。

逃げた2人組の男は、いずれも20歳前後の若い男で、マスクや帽子などを着用し、顔を見えない状態にしていたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集