交差点を曲がった際に誤進入、正面衝突で1人死亡

27日未明、三重県鈴鹿市内の国道1号で、上り線を軽乗用車が逆走し、走行中の普通トラックと正面衝突する事故が起きた。軽乗用車は大破し、運転していた39歳の女性が死亡している。

自動車 社会 社会
27日未明、三重県鈴鹿市内の国道1号で、上り線を軽乗用車が逆走し、走行中の普通トラックと正面衝突する事故が起きた。軽乗用車は大破し、運転していた39歳の女性が死亡している。

三重県警・鈴鹿署によると、事故が起きたのは27日の午前1時20分ごろ。鈴鹿市中冨田町付近の国道1号上り線を逆走してきた軽乗用車と、順走していた普通トラックが正面衝突した。

軽乗用車は衝突によって大破。運転していた39歳の女性は近くの病院に収容されたが、全身強打で間もなく死亡。トラックの運転手にケガはなかった。

現場は中央分離帯で仕切られているが、軽乗用車は現場から100mほど離れた場所にある交差点を曲がった際、誤って対向車線側に進入したとみられている。当時は強い雨が降っており、視界が悪くなっていたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集