橋の欄干に乗用車激突、運転者が死亡

自動車 社会 社会

27日早朝、青森県藤崎町内の町道を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。そのまま道路右側の欄干に激突した。クルマは大破。運転していた男性は救助されたが、収容先の病院で死亡している。

青森県警・弘前署によると、事故が起きたのは27日の午前6時25分ごろ。藤崎町富柳早稲田付近の町道・福富大橋を走行していた46歳の男性が運転する乗用車が対向車線側に逸脱。そのまま道路右側に並ぶ橋の欄干に激突した。

クルマは衝突によって大破。運転していた男性は車外に投げ出されるような状態となり、救出後に近くの病院へ収容されたが、外傷性ショックなどが原因で事故から約2時間後に死亡している。

現場は見通しの良い直線区間。ブレーキ痕は無く、警察では居眠り運転などが事故の原因とみて調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集