【Fニッポン】中期計画…新車両規格

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

フォーミュラ・ニッポンを運営する日本レースプロモーションは26日、「2009−2011 JRP中期計画報告会」を開催、09−11年シーズンの新規導入車両などを発表した。車両に関しては、新シャシー・コンセプトとして、以下の3点を発表。

●日本独自のカテゴリーとして、今までにない斬新なデザインの追及(先進性と変化)
●よりスリリングなレース展開が可能な車両
●最低3年間使用可能な安全性と耐久性の確保

コンストラクターは、ヒロ松下が運営する米国企業スウィフト・エンジニアリングが担当することになっている。

新規と現行のシャシー比較は、以下の通り。()は現行。
●車両最大幅:2000mm(1800mm)
備考:車両中心線からタイヤ外側まで実測で1000mm以内
●車体最大幅:1600mm(1450mm)
備考:ウイングを除く、ボディワークの最大幅
●フロントウィング幅:1900mm(1450mm)
●車両重量:670kg(660kg)
備考:ドライバー搭乗時
●燃料タンク容量:115リットル(135リットル)
備考:車体サイドに設ける給油口から給油可能な最大値
●トランスミッション:パドルシフト(シーケンシャル)
●ブレーキ:カーボン(スチール)
●フロントタイヤ:265/55R13(235/55R13)
●リヤタイヤ:325/45R13(340/620R13)
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集