トヨタ、輸出が20か月ぶりにマイナス…7月実績

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車が発表した7月の生産・国内販売・輸出実績によると、グローバル生産台数は前年同月比5.0%増の66万1211台と順調だった。

国内生産は同8.4%減の31万1181台と、3か月ぶりにマイナスとなった。新潟県中越沖地震の影響で、生産を停止したことが影響した。

国内販売は同7.7%減の13万4997台とマイナスだった。除軽市場のシェアは前年同月と比べて1ポイントアップの47.0%で、7月として過去最高のシェアとなった。

輸出は米国、オセアニア向けが減少し、同4.8%減の20万821台と20か月ぶりにマイナスとなった。

海外生産は、ほぼ全地域で増加し、同20.7%増の35万30台と67か月連続でプラスとなった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集