ホンダ、埼玉県小川町の新エンジン工場を着工

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは、埼玉県小川町の新エンジン工場の鍬入れ式を行い、建設を開始した。鍬入れ式には、岡島敦子埼玉県副知事、笠原喜平小川町町長をはじめ数多くの関係者や、ホンダから山本卓志常務執行役員らが参加した。

新エンジン工場は、2009年に稼働開始予定で、生産能力は約20万基。国内外へ供給する計画だ。世界規模で高まる低燃費車の需要を背景に、環境性能の高いエンジンの生産体制を早期に整え、将来の需要拡大にも柔軟に対応する。

新エンジン工場は、2010年に稼働開始予定の近隣に建設する寄居新工場とともに、「人に優しい、高品質で高効率な生産・物流システムを駆使した、資源・エネルギー循環型グリーンファクトリー」をコンセプトに掲げ、「存在を期待される企業」の実現に向けた先進工場を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集