東燃ゼネラル、通期見通しの収益を下方修正

自動車 ビジネス 企業動向

東燃ゼネラル石油は、2007年12月期の通期業績見通しを修正した。

売上高は前回発表よりも600億円増となる、3兆900億円に上方修正した。

しかし、営業利益は510億円を予想していたが、470億円に下方修正した。経常利益も520億円から490億円に、当期純利益が300億円から290億円に下方修正した。

下半期の石油製品マージンが、前回予想時点よりも低い水準となる見込みなほか、在庫評価益が期末に向けて一部減少する見込みなため、収益見通しを下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集