イビデン、中間業績予想を上方修正 DPF販売拡大で

自動車 ビジネス 企業動向

イビデンは31日、08年3月期中間業績の予想を上方修正した。第1四半期が、欧米向けのDPF(ディーゼル微粒子除去装置)の販売が、予想を上回る好調さだったため、その分を中間期予想に上乗せした。

売上高は、当初見通しの2000億円から2100億円に、営業利益は同300億円から380億円に、経常利益は310億円から414億円に、中間利益は205億円から276億円に、それぞれ上方修正した。

ただし、通期見通しは、売り上げの半分を占める電子関連部品の需要の先行きが不透明なことから、変更しなかった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集