国道1号の直線区間で逸脱事故、3人重軽傷

自動車 社会 社会

28日未明、神奈川県横浜市戸塚区内の国道1号を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。順走してきた別の乗用車と正面衝突するなど、乗用車3台が関係する多重衝突事故に発展した。この事故で3人が重軽傷を負っている。

神奈川県警・戸塚署によると、事故が起きたのは28日の午前0時20分ごろ。横浜市戸塚区影取町付近の国道1号を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。対向してきた27歳女性の運転する乗用車と正面衝突し、さらに後続の乗用車1台も衝突するなど、乗用車ばかり3台が関係する多重衝突事故に発展した。

逸脱側のクルマは大破。25歳の男性が頭部や胸部強打で意識不明の重体、22歳の男性が足の骨を折る重傷を負った。被衝突側のクルマを運転していた女性も打撲などの軽傷を負った。ブレーキが間に合わずに追突してきたクルマを運転していた38歳の男性にケガはなかった。

現場は見通しの良い片側2車線の直線区間。警察では逸脱側のクルマをどちらが運転していたのかの特定を急ぐ方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集