ブリヂストン、12月期業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは、2007年12月期の単独の業績予想を上方修正した。為替レートが円安で推移していることに加えて、全部門をあげての拡販努力などで、売上げと利益が予想を上回る見込みとなった。

売上高は1兆200億円を予想していたが1兆300億円に上方修正した。収益面でも営業利益を980億円から1080億円に上方修正したほか、経常利益を1050億円から1160億円に上方修正した。

当期純利益は730億円を予想していたが770億円になる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集