日本ガイシ、通期業績見通しを上方修正…DPFなど好調で

自動車 ビジネス 企業動向

日本ガイシは、2008年3月期の通期連結業績見通しを上方修正した。

売上高は3400億円を予想していたが、3620億円に上方修正した。セラミックス事業でSiC製ディーゼル微粒子除去装置(DPF)の需要が好調なのに加え、自動車用排出ガス浄化用の触媒担体の欧州向けの出荷台数が予想を上回る見通しなため。

営業利益は、売上げが予想以上に伸びる見通しなのに加え、円安による為替差益もあり、530億円の予想から650億円に上方修正した。経常利益も520億円から650億円に上方修正した。最終利益は310億円を見込んでいたが、385億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集