ダイハツディーゼル、通期業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツディーゼルは、2008年3月期の連結決算業績見通しを修正した。

売上高は590億円を予想していたが、610億円に上方修正した。新船建造量や海上荷動量が高水準で推移する見通しで、船舶用エンジンやメンテナンス用部品の販売が好調に推移する見通しなため。

収益についても売上げの増加や円安による為替差益によって営業利益を43億円から45億円に、経常利益を37億円から39億円にそれぞれ上方修正した。

最終利益は20億円を予想していたが21億円になる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集