有価金属のリサイクルを推進 日鉱金属と日鉱環境

エコカー 燃費

日鉱金属と関連会社の日鉱環境は、環境リサイクル事業の基盤強化を目的に「日立メタル・リサイクリング・コンプレックス計画」(HMC計画)を推進すると発表した。約100億円を投資し、日鉱金属の日立工場内にHMC工場を建設する。

自動車や家電などにはレアメタル、貴金属を含む多くの有価金属が使用されており、これらの廃棄物が首都圏で大量に発生している。

現在、日鉱環境は、首都圏に隣接する茨城県日立市でゼロ・エミッション・リサイクルによる環境リサイクル事業を行っているが、今回、この立地条件を活かし、クリーンな「大都市隣接型セカンダリー・スメルター」としての機能を更に強化するため、HMC計画を推進する。

HMC計画では,主に首都圏で発生するリサイクル原料をHMC工場、日鉱環境で効率的に処理し、レアメタルと白金族金属を含む貴金属を中心に回収する。また、現在日鉱製錬の佐賀関製錬所で処理している低品位リサイクル原料と製錬工程各種中間生産物なども原料とすることから、HMC計画は同製錬所製錬工程の負荷を軽減し、安定操業に寄与するとともに、電気銅の品質の向上が図れる。

加えてHMC計画によって回収した各種金属は電子材料事業の原材料であることから、HMC工場は電子材料事業の重要な原材料安定供給ソースとなる。

日立地区では創業100周年を機に、現在、日立地区リニューアル計画を推進しており、日立地区のレイアウトの見直し、設備の増強、構内インフラの整備などを行っている。HMC計画は同リニューアル計画の一環となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集