八千代工業、軽自動車の生産体制を強化…エンジンから一貫生産

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダの連結子会社、八千代工業は、軽自動車事業の強化に向け、工場建設用地として、同社四日市製作所の隣接地の取得を決定した。

八千代工業は、ホンダの軽自動車を受託生産しているが、生産体制を強化する。

今回の土地取得は、エンジンや部品などを含めた、軽自動車に最適な生産体質を構築し、競争力を強化するのが目的。具体的には今後、検討を進めていくが、2009年にエンジン組立から稼動開始する予定。

これにより、エンジンと完成車の一貫した生産体制となり、生産効率や物流効率を高めていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集