トンネル内で蛇行、左右の側壁に衝突 居眠り運転か?

自動車 社会 社会

12日午後、熊本県八代市内の九州自動車道下り線で、トンネル内を走行していた乗用車が側壁へ数回に渡って衝突を繰り返す事故が起きた。運転していた48歳の男性は被害を確認しようと車外に出たが、後ろから走ってきたクルマにはねられて死亡している。

熊本県警・高速隊によると、事故が起きたのは12日の午後1時20分ごろ。八代市妙見町付近の九州自動車道下り線・八丁山トンネル(全長2030m)を走行中の乗用車が蛇行しながら、数回に渡って左右の側壁に衝突。最終的に第2車線(追越車線)で立ち往生した。

クルマを運転していた48歳の男性は被害を確認しようとしたのか車外に出たが、直後に第1車線を走行していた乗用車にはねられた。男性は近くの病院に収容されたが、全身を強打したことが原因で間もなく死亡している。

現場は片側2車線の直線区間。警察では居眠り運転などが原因ではないかとみている。この事故により、現場を含む九州道下り線の八代〜人吉インターチェンジ(IC)間が約3時間に渡って通行止めとなった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集