【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】C300アバンギャルドSを走らせた

自動車 ニューモデル 新型車

【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】C300アバンギャルドSを走らせた
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】C300アバンギャルドSを走らせた
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】C300アバンギャルドSを走らせた
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】C300アバンギャルドSを走らせた
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】C300アバンギャルドSを走らせた
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】C300アバンギャルドSを走らせた
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】C300アバンギャルドSを走らせた
ツインリンクもてぎのレーシングコースで、メルセデスベンツ『C300アバンギャルドS』を走らせてみたが、その安定感の高さには驚かされた。もてぎのバックストレートでは、最高速度が180km/hを超えるが、そこからフルブレーキングを行なってもクルマはまったくブレることなく速度を強力な減速Gに変換してくれる。

ブレーキング中にパドルシフトを操作してシフトダウンを行なうと、オーバーレブギリギリの回転域でも、巧みにシフトダウンを完了してくれるのだ。

15mmローダウンされたサスペンションの効果によって、コーナリング中の姿勢もうまく抑えられており、プレミアムセダンとは思えぬ秀逸な旋回性能を発揮してくれた。そのぶん乗り心地はハードになっているが、硬いというより引き締まっている感じなので不快な印象はなかった。

3リットルのV6エンジンは静粛性の高さも美点、サーキット走行での高負荷状態においても、室内はあたかも高速道路をクルージングしているかのような印象だ。価格は664万円と、このサイズのセダンとしては高価だが、出費以上の価値をもたらしてくれるクルマだと断言できよう。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集