バイオディーゼル精製の特殊ポリマー技術を開発…ローム アンド ハース

自動車 ニューモデル 新型車

ローム・アンド・ハース・ジャパンはこのほど、バイオディーゼルを精製するための特殊ポリマー技術を開発し、燃料メーカーへの提供を開始した。

この技術はドライポリマーを使用したシンプルな乾式精製法で、高收率プロセスによって操業経費の削減を可能としたもの。これにより、コスト競争力のある高純度バイオディーゼルの生産が実現できる。

現在、バイオディーゼル製造には残留した界面活性剤、グリセリン、触媒などの不純物を除去する工程が不可欠で、そのために大量の水が必要となり、使用後は排水処理を行わなければならなかった。

新しく開発された特殊ポリマーは、無水工程で使用できるように設計されているため、精製工程での大量排水がない。その結果、バイオディーゼルの損失を最小限に抑え、メタノールの回収も非常に容易なものとなる。

また、システムの設置面積が小さく、使用可能な工程温度も幅広いため、どのようなバイオディーゼル生産工程へも簡単に取り組むことができる。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集