冬用タイヤ、購入先はカー用品店がトップ…JDパワー

自動車 ビジネス 企業動向

J.D.パワー・アジア・パシフィックが発表した2007年日本冬用タイヤ購入店満足度調査を実施してその結果を発表した。

軽自動車を除く自家用乗用車向けの冬用タイヤを2005年5月から2007年2月の間に新品で購入した一般消費者を対象に、郵送によるアンケート調査を実施し、1639人から回答を得た。

それによると、冬用タイヤの購入先ではカー用品店が最も多くて全体の30%を占めた。次いでタイヤ専門店で25%、ディーラー19%、サービスステーション10%と続く。

満足度調査では、カー用品店は「商品の陳列/品揃え」では評価が高いが、「販売員と整備サービス」が今後の課題だった。タイヤ専門店は「商品の陳列/品揃え」の評価は高いが、「施設」の評価が低い。ディーラーとサービスステーションは「販売員」の評価は高いが、「商品の陳列/品揃え」の評価が低い。

また、購入前にタイヤに関する情報を何で得たかについては、販売員の意見を参考にしている人が多く、次いで店頭ディスプレイとインターネットだった。

この調査は、冬用タイヤ購入時のタイヤ販売店の対応に関する顧客満足度を調査したもので、今回で2回目となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集