救急車がタクシーに追突 漫然運転

自動車 社会 社会

1日朝、神奈川県横浜市中区内の市道で、所属する消防署に向けて回送中の救急車が信号待ちをしていたタクシーに追突する事故が起きた。この事故でタクシーに客として乗っていた男女2人が軽傷を負っている。

神奈川県警・加賀町署によると、事故が起きたのは1日の午前7時30分ごろ。横浜市中区山下町付近の市道で信号待ちのために停車していたタクシーに対し、後ろから走ってきた横浜市安全管理局・中消防署所属の救急車が追突した。

双方のクルマは小破。タクシーの後部座席に客として乗っていた40歳の男性と22歳の女性が頚部を打撲する軽傷を負った。タクシーの運転手や乗務していた救急隊員にケガはなかった。

警察では救急車を運転していた37歳の男性隊員から自動車運転過失傷害の容疑で事情を聞いているが、調べに対しては「ボーッとしていて、前をよく見ていなかった」などと話しており、漫然運転の可能性があるとしている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品