【Forza Motorsport 2】土屋選手が証明したリアリティ…体験会

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

【Forza Motorsport 2】土屋選手が証明したリアリティ…体験会
  • 【Forza Motorsport 2】土屋選手が証明したリアリティ…体験会
  • 【Forza Motorsport 2】土屋選手が証明したリアリティ…体験会
  • 【Forza Motorsport 2】土屋選手が証明したリアリティ…体験会
  • 【Forza Motorsport 2】土屋選手が証明したリアリティ…体験会
去る16日に実施されたゲームイベント、「コミュニティー向けマイクロソフトゲームスタジオタイトル体験会」に、国内トップドライバーの土屋武士選手が登場。『Forza Motorsport 2』の鈴鹿を現実と同レベルのタイムで走った。

イベントで土屋選手は、Xbox 360用レーシングシミュレーター『Forza Motorsport 2』で鈴鹿攻略レクチャーなどを実施した。同作品についての感想は、まず「現実のセットアップの知識や技術を使えるほどリアルですよ」と。

普段は自宅ではゲーム禁止だそうで、今回のイベントに備えてプレーした総時間数は、実質、前日の数時間ぐらい。そのほかはプレス対抗トーナメントイベントのエキシビジョンや、同ゲームの公式サイトの記事制作などで走ったぐらいだそうである。ゲーム用のテクニックなどは身につける時間がなかったとのこと。

にもかかわらず、このイベントでは鈴鹿を06年SUPER GTの25号車ECLIPSE ADVANスープラで1分55−56秒台で疾走。土屋選手の実際の06年シーズンの記録は、第1戦の鈴鹿が1分53秒964、第4戦の鈴鹿1000kmは1分56秒546。まさに、現実のセットアップの技術や知識を利用することで、タイムも現実同様のものを出せる、リアリティを持ったゲームというわけだ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集