自転車で日本一周チャレンジの男性、ゴール目前で事故死

自動車 社会 社会

25日午後、長野県小谷村内の国道148号トンネル内で、自転車で走行していた80歳の男性が後ろから走ってきたトラックにはねられて死亡する事故が起きた。男性は昨年春から自転車で日本一周の旅に出ており、ゴール40km手前で今回の事故に遭った。

長野県警・大町署によると、事故が起きたのは25日の午後1時50分ごろ。小谷村北小谷付近の国道148号で、トンネル内の車道を自転車で走行していた80歳の男性が、後方から進行してきた大型ダンプトラックにはねられた。男性は胸部強打が原因で間もなく死亡している。

現場は全長1360mのトンネル内。片側1車線で、現場付近はカーブしており、見通しは悪かった。ダンプトラックを運転していた22歳の男性は警察の調べに対して「カーブを抜けたら目の前に自転車がいた。避けきれずに衝突した」と話している。トンネル内には歩道が設置されているが、自転車が走れるだけのスペースは確保されておらず、車道を走るしかなかった。

死亡した男性は2006年4月から自転車で日本一周の旅に出ており、現場から約40km離れた小川村内にある自宅を目指していた。予定では30日に到着する予定だったという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集