タクシー衝突の直前に起きた死亡ひき逃げも同一車両と断定

自動車 社会 社会

兵庫県警は25日、兵庫県尼崎市内の県道で23日夜に発生した死亡ひき逃げ事件について、同じ県道でこの直後に発生したタクシー衝突事故と同じクルマが関係したものと断定した。運転していた男は同日午前、自動車運転過失致死などの容疑で送検された。

兵庫県警・尼崎北署によると、問題の事故は23日の午後9時30分ごろ発生している。尼崎市南塚口町付近の県道で、歩道を歩いていた29歳の男性が車道側から蛇行してきたワゴン車にはねられた。男性は転倒した際に頭を強打して間もなく死亡したが、クルマはそのまま逃走した。

警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始したが、この事故が起きた直後に約800m離れた尼崎市三反田町3丁目付近でタクシーとワゴン車の衝突事故が発生しており、警察では関連を調べていた。

その結果、タクシーとの衝突現場から発見されなかったドアミラーが死亡ひき逃げ事故の現場で発見されたこと。現場から採取された塗膜片が、衝突事故を起こしたクルマと特徴が一致したことから、同一車が関係したと断定。衝突事故を起こして逮捕された50歳の男については、この事件でも調べを進めることになった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集