首都高料金所で再び係員の事故---緊急点検を実施

自動車 テクノロジー ITS

首都高速道路によると、24日7:20頃、4号新宿線(下り)初台入口料金所の「ETC専用」レーンで料金所係員が進入してきたバスに接触する事故が発生した。

ETC 専用レーンにETCカード未挿入の乗用車が進入したため、開閉バーが正常に作動しない状態になり、その復旧措置のために料金諸施設を出ようとした際に大型バスと接触、転倒、負傷したもの。

16日にも、湾岸線(東行き)環八料金所でも同様の事故が発生したばかり。首都高速道路では、25日〜27日の3日間、料金所安全管理緊急点検を実施する。内容は、首都高速道路社員による料金所巡回による点検・指導、料金収受会社による料金所係員への実施訓練など。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集