幼稚園前の道路で幼児がトラックにはねられ死亡

22日午前、長野県長野市内にある私立幼稚園前の市道で、門扉の近くで1人で歩いていた2歳の男児が後退してきた普通トラックにはねられて死亡する事故が起きた。警察では43歳の男を逮捕している。

自動車 社会 社会
22日午前、長野県長野市内にある私立幼稚園前の市道で、門扉の近くで1人で歩いていた2歳の男児が後退してきた普通トラックにはねられて死亡する事故が起きた。警察では43歳の男を逮捕している。

長野県警・長野中央署によると、事故が起きたのは22日の午前9時15分ごろ。長野市大豆島付近にある私立幼稚園前の市道を近くの工事現場に向けて後退進行していた普通トラックが、幼稚園の門扉近くの路上にて1人で歩いていた2歳の男児をはねた。

男児はすぐに近くの病院へ収容されたが、頭部を強打したことが原因で間もなく死亡。警察ではトラックを運転していた43歳の男を業務上過失傷害の容疑で現行犯逮捕。男児の死亡後は容疑を同致死に切り換えて調べを進めている。

現場では5月上旬から道路工事が行われていた。「登・下校中は作業を一時中断」、「車両進行の際には誘導員を付ける」などの取り決めが幼稚園側と締結されていたが、事故を起こしたトラックは誘導員が背を向けて立っている状態で進行してきたという。死亡した男児は、この幼稚園に通う兄と一緒に母親が連れてきたが、園内で母親が教員と話をしている間に歩き出し、事故にあったものとみられている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集