三菱自動車、ブラジルでFFVを発売…本格4WDでは初

エコカー 燃費
三菱自動車、ブラジルでFFVを発売…本格4WDでは初
  • 三菱自動車、ブラジルでFFVを発売…本格4WDでは初
三菱自動車と、ブラジルの生産・販売会社MMCB(MMC Automotores do Brasil Ltda.)は、ブラジル市場において初の本格的4WD車のフレキシブル・フューエル・ビークル(FFV)となる『パジェロTR4 Flex』(フレックス)を開発し、ブラジルで7月に発売する。

パジェロTR4 Flexは、MMCBで生産・販売している小型SUV「パジェロTR4」をベースに、ガソリン、エタノール、およびそれらの混合燃料でも走行可能なFFVとして開発した。

エタノール比率0−100%の混合燃料において最適な燃焼状態となるようエンジン制御を変更するとともに、エンジン部品や燃料系統の材料を一部変更して耐久性・信頼性を確保した。

2.0リットル16バルブエンジンは、ガソリン100%の状態で最高出力98kW(133PS)/最大トルク177Nm(18kgm)、エタノール100%の状態で最高出力99kW(135PS)/最大トルク186Nm(19kgm)で、ベース車と同等以上の動力性能を実現している。

三菱自動車では、米国市場向けのFFVも、2009年度中の実用化を目指して開発中である。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集