ブリヂストン、環境表彰制度の第1回表彰式を実施

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストン、環境表彰制度の第1回表彰式を実施
  • ブリヂストン、環境表彰制度の第1回表彰式を実施
ブリヂストンは、2007年4月に設立した「環境表彰制度」に基づいて国内ブリヂストングループのあらゆる環境活動を対象に環境貢献度などについて審査して優秀者を顕彰する「第1回環境表彰制度」の表彰式を実施した。

表彰式では受賞者への表彰のほか、東京大学生産技術研究所の山本良一教授による特別記念講演も行った。

環境表彰制度はブリヂストン初の取り組みで、従業員一人ひとりの環境活動に対する参画意識を高め、環境活動への関心と意欲を啓発することを目的に、ブリヂストン及び国内グループ会社の全従業員を対象に実施する。第1回となった今回は、団体・個人合わせて131件の応募があり、その中から6つの団体と5人の個人が受賞した。

表彰制度には当初、団体部門の「ブリヂストン環境活動大賞」、「ブリヂストン環境活動奨励賞」、個人部門の「ブリヂストン環境活動個人賞」を設けていたが、今回の募集には環境製品の応募が多かったことから、新たに「ブリヂストン環境製品特別賞」を設けた。また、最終選考まで残り努力が認められる案件に対し「努力賞」を設けた。

今回の応募案件の一部は、今後ホームページを通して紹介する。

同社は表彰制度を通じて、環境活動に挑戦するモチベーションを高めるとともに、現場レベルでの地道な取り組みについても広く周知し、環境活動を推進していく方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集