無免許の発覚を恐れてひき逃げの少年を逮捕

自動車 社会 社会

11日朝、神奈川県横浜市泉区内の市道で、バイク同士が衝突する事故が起きた。衝突側のバイクを運転していた若い男は現場から逃走したが、警察ではその後に出頭してきた17歳の少年をひき逃げ容疑で逮捕している。

神奈川県警・泉署によると、事故が起きたのは11日の午前8時40分ごろ。横浜市泉区上飯田町付近の市道で、市道を走行していた55歳男性が運転するバイクと、コンビニエンスストアの駐車場から進出してきたバイクが衝突した。男性は路上に転倒した際に左鎖骨を骨折する重傷を負ったが、衝突側のバイクに乗っていた若い男はそのまま逃走した。

警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始。コンビニエンスストアから防犯ビデオの提供を受けるなどして逃げた人物の特定を急いでいたが、事故から約2時間後に「衝突事故を起こしてしまった」と17歳の少年が110番通報を行い、現場に戻ってきたところを業務上過失傷害や道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑で逮捕された。

調べに対し、逮捕された少年は「原付バイクの免許は持っているが、当時乗っていたのは125ccのバイクだったため、無免許運転の発覚を恐れて逃げた」などと話しているという。バイクは近くの路上に駐車し、事故とは無関係なものを装っていた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集