タクシー運転手をナイフで刺した医師を逮捕

自動車 社会 社会

9日午後、山口県周南市内にあるJR徳山駅前のタクシー乗り場で、タクシー運転手の男性が客の男とトラブルになり、小型ナイフで首などを切りつけられる事件が起きた。警察では53歳の医師の男を殺人未遂の現行犯で逮捕している。

山口県警・周南署によると、事件が起きたのは9日の午後0時45分ごろ。周南市御幸通2丁目付近にあるJR徳山駅の新幹線口側タクシー乗り場で、前から3台目に止まっていたタクシーに男が乗り込もうとして、先頭のクルマに乗るように促した66歳の男性運転手と口論に発展した。

男は持っていた小型ナイフで男性の首や背中を切りつけ、そのまま現場から逃走。通報を受けて駆けつけた警官が取り押さえ、殺人未遂の現行犯で逮捕した。後の調べで逮捕されたのは、下関市内に在住する53歳の内科医であることが判明している。

調べに対して男は「乗車拒否をされたので、腹が立ってやった」などと供述。これに対して被害者は「前に2台いるのに自分のクルマに来た。前のクルマを利用するように促しただけ」と乗車拒否を否定している。警察では事件が起きた経緯について、さらに調べを進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集