病院内で衝突、6人が死傷

自動車 社会 社会

3日夕方、愛媛県西条市内にある病院の敷地内道路を走行していた乗用車が路外に逸脱し、停車していたワゴン車に衝突する事故が起きた。双方のクルマは中破し、逸脱側のクルマを運転していた男性が死亡している。

愛媛県警・西条署によると、事故が起きたのは3日の午後4時45分ごろ。西条市大町付近にある病院敷地内の道路を走行していた79歳男性の運転する乗用車が路外に逸脱。道路に隣接するケアハウス前に停車していたワゴン車と正面衝突した。

双方のクルマは中破。逸脱側のクルマを運転していた男性はすぐに救助されたが、胸部などを強打して約1時間30分後に死亡。停車していたワゴン車に乗っていた5人も打撲などの軽傷を負っている。

逸脱したクルマは、直角となっているコーナーをそのまま直進しており、警察ではハンドル操作の誤りか、運転していた男性が何らかの原因でハンドル操作をできない状態にあったものとみている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集