自動車専用道を自転車で走行の男、窃盗容疑で逮捕

自動車 社会 社会

3日午後、兵庫県神戸市西区内の第二神明道路(自動車専用)に「自転車が走行している」との通報が相次いだ。捜索を行った警察が本線を走る自転車を発見。乗っていた男を自転車窃盗の容疑で逮捕している。

兵庫県警・高速隊によると、事件が起きたのは3日の午後1時50分ごろ。神戸市西区玉津町付近の第二神明道路を走行していた複数のドライバーから「自転車に乗った男が本線上を走っていて危ない」との通報が相次いだ。

これを受けた同隊が捜索を実施したところ、神戸市西区内で本線上を自転車で走る45歳の男を発見。抑止して職務質問したところ、誤って進入したことがわかった。乗っていた自転車は盗難されたものと判明したことから、警察では男を窃盗容疑で逮捕している。

その後の調べで、男は明石市内で自転車を盗み、神戸市方向に向かっていたことがわかった。第二神明道路には料金所のない玉津インターチェンジから入ったとみられている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集