【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】両車の差異化を図ったエクステリア

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】両車の差異化を図ったエクステリア
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】両車の差異化を図ったエクステリア
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】両車の差異化を図ったエクステリア
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】両車の差異化を図ったエクステリア
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】両車の差異化を図ったエクステリア
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】両車の差異化を図ったエクステリア
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】両車の差異化を図ったエクステリア
2世代目へとフルモデルチェンジを行なったトヨタ『プレミオ』『アリオン』のエクステリアデザインは、「プレミオとアリオンとの区別が明確に付くように差別化を図っています」と開発責任者を務めた第2トヨタセンターの日高達郎さん。

「方向性としては先代も共通です。新型プレミオのエクステリアは洗練された格調の高さを追求し、新型アリオンはプレミオよりも若い年代層をターゲットとしているために、スポーティ感を強めています」

「ボディパネルはルーフやピラー、フロントドアは共通ですが、そのほかのボディパネルは各車専用にデザインしていますので、随分と違った印象を与えてくれるはずです」

「また、プレミオとアリオンの販売比率に関しては、両モデルほぼ同じ割合になるのではないかと考えています」

プレミオのエクステリアは、5ナンバーサイズとは思えぬ存在感があり、先代に比べて高級感も強まっている。

アリオンのほうは一見シンプルなデザインに見えるが、エンジンフードの先端が傾斜しており、フロントバンパーの両サイドも角度によっては押し出し感が強調されて見えるので、スポーティなイメージを与えてくれる。

両車ともに写真だと落ち着いた印象のセダンに見えるが、実車を見るとそれぞれにデザイン上の特徴が数多く盛り込まれていることがわかる。これぐらい明確な違いがあったほうが、買う側にとってみれば選びやすくなるに違いない。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集