三井物産、米国スチール テクノロジー社の買収を完了

自動車 ビジネス 企業動向

三井物産は、米国三井物産を通じ、米国鋼材加工サービスセンターのスチール・テクノロジー社の買収を完了したと発表した。買収額はスチール社の既存借入金を含め総額約5億3400万米ドル(約646億円)。

スチール社は臨時株主総会を開催し、米国三井物産によるスチール社買収を過半数の賛成により承認した。三井物産の買収で、スチール社は米国ナスダックの上場廃止となる。

三井物産はスチール社と全株式を友好的に買収することで合意した。その後、米国独禁法を初めとする全ての関係許認可を取得し、スチール社臨時株主総会での機関決定を経て、速やかに買収資金の払い込みを実行したもの。

スチール社は、酸洗ライン・冷間圧延ライン・高級ブランキングラインなどの付加価値の高い加工ラインを保有する。三井物産は、スチール社買収で、需要が拡大している北米地域での自動車メーカー向けの鉄鋼製品の供給体制を強化する狙い。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集