70km/hオーバーでカーブ逸脱、危険運転致死傷で逮捕

自動車 社会 社会

23日夜、神奈川県横浜市旭区内の市道を走行していた乗用車が猛スピードを維持したまま対向車線側に逸脱。対向車と衝突して2人が死傷する事故が起きた。警察では24日未明に逸脱車を運転していた21歳の男を危険運転致死傷容疑で逮捕している。

神奈川県警・旭署によると、事故が起きたのは23日の午後9時10分ごろ。横浜市旭区大池町付近の市道を走行していた乗用車が猛スピードを維持したままカーブに進入。曲がりきれずに対向車線側に逸脱し、対向車線を順走してきた29歳の男性が運転する乗用車と衝突した。

双方のクルマは大破。順走側のクルマを運転していた男性が全身強打で事故から約6時間後に死亡。逸脱側のクルマを運転していた21歳の男と、同乗していた21歳の男性が軽傷を負った。

現場の市道の制限速度は30km/hだが、逸脱側のクルマは100km/h近い速度で走行していた。運転していた男もこれを認めており、警察では24日未明に危険運転致死傷容疑で逮捕した。警察では速度を維持したままカーブに進入した理由について、男を厳しく追及している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集