日産、海外生産のみプラス…4月実績

自動車 ビジネス 企業動向

日産、海外生産のみプラス…4月実績
  • 日産、海外生産のみプラス…4月実績
日産自動車株式会社は25日、2007年4月度の生産・販売・輸出実績をまとめた。

グローバル生産は23万9592台(対前年同月比+4.6%)と前年実績を上回った。

国内生産は、新型『スカイライン』/インフィニティ『G35』や『セレナ』、『キューブ』などが台数を増やしたものの、その他車種の台数減により、6万9464台(同−20.6%)と前年実績を下回った。

海外生産は17万0128台(同+20.3%)と前年実績を上回った。米国では、新型『アルティマ』など、メキシコでは、新型『ティーダ』/『ヴァーサ』、『セントラ』などが順調。英国では『キャシュカイ』/『デュアリス』が、スペインでは商用車の『ナバラ』、『プリマスター』が好調。

販売では、国内登録は、新型スカイラインやセレナなどが好調だったものの、その他車種の台数減により、3万0984台(対前年同月比−10.7%)と前年実績を下回った。また国内軽自動車は、9245台(対前年同月比−0.9%)と前年実績を下回った。軽自動車を含む国内販売は、4万0229台(同−8.6%)と前年実績を下回った。

4月の国内登録車市場シェアは、前年同月に対し0.1ポイント減の14.2%、軽自動車を含むシェアは、前年同月と同様の11.2%であった。

米国販売は、新型ヴァーサ、新型インフィニティG35セダンなどが好調だったものの、その他車種の台数減により、7万1124台(同−18.0%)と前年実績を下回った。欧州販売は、キャシュカイや『ノート』などの好調により、4万7965台(同+2.8%)と前年実績を上回った。

輸出は4万1017台(対前年同月比−18.6%)と前年実績を下回った。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集