ヤマハが業績見通しを修正…ヤマハ発動機を持分法適用から除外

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハは、2008年3月期の連結業績見通しの修正を発表した。ヤマハ発動機の保有株式の一部売却で、持分法適用会社から除外となったため。

売上高5510億円、営業利益300億円は前回発表したものを据え置いたが、経常利益を430億円から270億円に下方修正した。ヤマハ発動機が持分法適用会社から外れるためだ。

最終利益はヤマハ発動機の株式売却益の計上、法人税など法人税等調整額の増加で300億円から325億円へと上方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集