富士重、太田市と共同で総合太田病院を移転新築へ

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業は、同社の健康保険組合が群馬県太田市に所有する総合太田病院を太田市とも協力しながら移転新築する方向で、太田市と大枠で合意したと発表した。

総合太田病院は、健保が運営するものの、一般にも開放され、主に太田市とその周辺の地域医療の中核を担っており、患者の9割以上が一般市民だ。しかし、総合太田病院は古い建築物の耐震性の懸念や設備の老朽化、建屋の増改築による使い勝手の悪さ、駐車場不足などの問題を抱えている。

富士重と健保では、将来的にも地域医療を担う病院として発展させる方針だが、現在の土地が手狭なため、近隣に広い土地を確保して新築移転する方向で方針だった。

一方、救急救命センターの建設を検討してきた太田市は、救急医療体制の整備・強化のため、富士重へ共同での取り組みを提案し、現在両者で研究会を発足して検討している。

現在、総合太田病院に対して、太田市が救急医療体制整備のための支援をし、富士重も地元地域への社会貢献として支援するため、早期に移転新築することの大枠で合意したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集