ホンダ、障害者雇用を拡大 子会社が新工場

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ、障害者雇用を拡大 子会社が新工場
  • ホンダ、障害者雇用を拡大 子会社が新工場
  • ホンダ、障害者雇用を拡大 子会社が新工場
ホンダは、特例子会社であるホンダ太陽が、現在の日出工場敷地内に新工場を建設すると発表した。15日、大分県庁で、広瀬勝貞大分県知事、工藤義見日出町長らも出席して新工場の概要を発表した。

1981年9月に設立したホンダ太陽は、ホンダの基本理念である「人間尊重」の考えのもと、心身に障害はあっても、健常者とともに働ける雇用の場づくりと、社会的自立の促進をめざしたホンダの特例子会社で、現在、大分県内の3工場(別府工場、日出工場、杵築工場)で、二輪車・四輪車・汎用製品の部品製造を行っている。

また、1992年7月には、本田技術研究所の特例子会社として、ホンダR&D太陽を大分県日出町を設立した。ホンダ太陽の日出工場内で、二輪車・四輪車・汎用製品の研究開発や福祉機器の研究開発を行うなど、多領域での障害者雇用促進を行っている。

今回の新工場建設は、さらなる障害者雇用の拡大が目的。新工場は敷地面積が4000平方メートルで、事業場は3階建てで、面積が6000平方メートル。二輪車、四輪車、汎用製品の部品を製造する。2012年までに段階的に新規雇用を拡大し、約50人を新規に雇用する計画だ。投資額は約8億円。今秋に着工して、2008年8月に稼動する予定だ。

同社では今後も、社会福祉への取組みを推進していく方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集