ホンダ、インドで四輪車生産能力を増強

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダ、インドで四輪車生産能力を増強
  • ホンダ、インドで四輪車生産能力を増強
ホンダのインドの現地法人ホンダシェルカーズインディア・リミテッド(HSCI)は、インドに四輪車第2工場を新設すると発表した。インドのラジャスタン州政府と第2工場の土地取得に関する覚書を交した。

第2工場の操業は2009年末の予定。従業員数は当初約1000人で、年産能力は年間6万台規模。エンジン組立からプレス、組み立てまで全ての工程を行う一貫生産工場とする。

第2工場の敷地面積は約240万平方メートルで、投資金額は約2億3000万米ドル(約276億円)。生産モデルは、小型車を含む乗用車となる予定だ。

HSCIは今後、州政府が運営している職業訓練所(ITI)をサポートし、そこで訓練された技術者の工場への採用も視野に入れている。

ホンダのインドの既存工場の年産能力は、2007年中に5万台から10万台に拡大する予定で、2010年には、インドにおける生産能力は第2工場と合わせ15万台を超える見通し。自動車需要の急拡大が見込まれるインドで、生産能力を増強して、インド市場での存在感を高めていく方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集