今仙電機製作所、通期予想の収益を上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

今仙電機製作所は、2007年3月期の連結決算業績見通しを修正した。

売上高は734億円を予想していたが733億円とほぼ予想通りとなる見通しだが、経常利益は29億円から34億7000万円に上方修正した。当期純利益も15億円から19億円へ上方修正した。

収益を上方修正したのは、円安を背景にしたアジアの連結子会社の収益が改善し、当初予想を上回る見通しとなった。また、新工場への生産移管に伴う準備費用の抑制や全社でコスト削減を徹底するなど、収益改善に力を入れた。さらに、海外子会社からの受取配当金にかかる外国税額控除の影響で法人税負担が軽減されたことなどかた予想を上回る見込みとなった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集