共和レザー、通期見通し上方修正…自動車向け好調

自動車 ビジネス 企業動向
共和レザーは、2007年3月期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は、373億円を予想していたが、379億円に上方修正した。期の後半に自動車向けの売上げが予想以上に好調だったため。

収益では売上げ増に加えて、コスト低減を徹底した結果、経常利益が8億9000万円を予想していたが、2倍近くの15億9000万円となる見通し。

また、当期損益は4億3000万円の赤字を見込んでいたが、2億5000万円の黒字になる見通しだ。

米子会社のキョウワレザーU.S.A.が議決権ベースで25%出資する「Sadusky Athol International Holdings Limited」が経営破たんで米国連邦破産法第11条の適用を申請したため、キョウワレザーU.S.A.の解散を決議したことで、税効果会計の適用が可能となり、この結果税金費用が減少し、増益となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 共和レザー、当期損益が赤字転落、通期も下方修正 トヨタ系なのに 画像 共和レザー、当期損益が赤字転落、通期も下方修正 トヨタ系なのに
  • ミクニ、通期業績見通しを修正 売上げが予想以上好調 画像 ミクニ、通期業績見通しを修正 売上げが予想以上好調
  • 川崎重工、通期見通しを上方修正 コストダウンや為替差益で 画像 川崎重工、通期見通しを上方修正 コストダウンや為替差益で
  • 富士重、単独決算の通期見通しが最終赤字に 画像 富士重、単独決算の通期見通しが最終赤字に

特集

おすすめのニュース