東京ウォーターフロントに新航路…あなたもクルーザーのある生活

4月1日より、東京ウォーターフロントの芝浦−お台場間に新水上交通「アーバンランチ」が就航する。「水上バスでもない、屋形船のような観光船でもない、日常の生活の楽しみにしたい」と、運行にあたる観光汽船興業の村岡夏子代表取締役。

自動車 テクノロジー ITS
東京ウォーターフロントに新航路…あなたもクルーザーのある生活
  • 東京ウォーターフロントに新航路…あなたもクルーザーのある生活
  • 東京ウォーターフロントに新航路…あなたもクルーザーのある生活
  • 東京ウォーターフロントに新航路…あなたもクルーザーのある生活
  • 東京ウォーターフロントに新航路…あなたもクルーザーのある生活
  • 東京ウォーターフロントに新航路…あなたもクルーザーのある生活
  • 東京ウォーターフロントに新航路…あなたもクルーザーのある生活
4月1日より、東京ウォーターフロントの芝浦−お台場間に新水上交通「アーバンランチ」が就航する。「水上バスでもない、屋形船のような観光船でもない、日常の生活の楽しみにしたい」と、運行にあたる観光汽船興業の村岡夏子代表取締役。

独立行政法人都市再生機構と三井不動産など民間事業者9社は、東京都や港区の協力のもと、東京都港区芝浦において、面積約6万平方メートル、約4000戸の共同住宅や公共公益施設などから構成される再開発プロジェクト「芝浦アイランド地区プロジェクト」を推進、3月24日に“島びらき”する。

芝浦などウォーターフロントの再開発では、都心定住人口の回復と、水辺の再生がテーマにあげられる。芝浦アイランドでは護岸を整備し、親水空間と桟橋を設け、臨海都心のお台場まで定期航路「東京アーバンベイコム」を開設する。

村岡代表取締役は「クルーザーのある生活」を住民に提供したいという。「クルーザーのある生活は富裕層だけのものではない。東京のライフスタイルそのものを向上させたい。ビジネスの打ち合わせや、リビングルームにも使ってほしい」と語る。

アーバンランチは41人乗りの19トン・カタマラン(双胴船)で、速力は12ノット(約22km/h)、芝浦−お台場間3.5kmを15分で結ぶ予定。1日8便、運賃は大人500円、子供250円、ペットや自転車などは別途200円。プライベートクルーズも60分4万円から予定している。

なおランチはlaunchであり、もともと大型船舶(軍艦)に搭載され、沖合に停泊したとき船と陸地や他船とを連絡する大型ボートのこと。転じて大型ボート一般もさす。「英米ではローンチと発音されることの方が多いが、昼食のランチlunchを連想させて親しみが持てる名前とした」と村岡代表取締役。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集