【ARTA07】SUPER GTにガライヤが復活参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ARTA(オートバックス・レーシング・チーム・AGURI)は、2007年シーズンの活動計画を発表した。海外では、IRLインディカーシリーズへの参戦体制を一新、新たに「SUPER AGURI PANTHER RACING」として参戦、ドライバーに松浦孝亮を起用する。

国内では、全日本選手権フォーミュラ・ニッポンとSUPER GT(スーパーGT)に引き続き参戦する。全日本選手権フォーミュラには、2台体制で参戦、ドライバーは井出有治、金石年弘を起用する。

SUPER GTは伊藤大輔とラルフ・ファーマンを起用、新たに製作された2007年モデルの「ARTA NSX」でGT500クラスに参戦するのに加え、今シーズンはARTA Project10周年となるため、これを記念して、GT300クラスに再び「ARTA Garaiya」(ガライヤ)を投入、ドライバーは新田守男と高木真一を起用する。

また、サポートドライバーとしてSUPER GTなどに参戦する田中哲也と峰尾恭輔、全日本F3選手権に参戦する伊沢拓也、塚越広大、中山友貴のほか、フォーミュラ・チャレンジ・ジャパンに参戦する山本尚貴を支援する。

さらに、フレッシュマン・ワンメイク・スピード行事部門として11人のドライバーを支援する。

このほか、4年目を迎えるカートシリーズARTAチャレンジでは、スクール形式のコマー80クラスと4輪フォーミュラへのスカラシップのあるRSOクラスで開催する。8月には今年で10回目を迎えるARTAカップ・カートレースも行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集