デイトナ12月期連結決算…収益率悪化で減益

自動車 ビジネス 企業動向

デイトナが発表した2006年12月期の連結決算は、営業利益が前年同期比6.8%減の3億7200万円と営業減益だった。

売上高は同0.4%減の74億600万円と微減だった。国内二輪車販売は低調だったものの、バイクの大排気量化やライダーの中高年齢化、女性ライダーの増加、二輪車ETCも利用が可能となり、一部の商品は順調で、微減にとどまった。

収益面では、販売競争の激化などで、収益率は悪化した。経常利益は同8.7%減の3億2600万円だった。当期純利益は、役員退職慰労引当金戻入益、商標権等売却益などの特別利益を計上し、同95.5%増の4億2700万円と大幅増益となった。

2007年12月期の見通しは売上高が81億4800万円、経常利益が3億7500万円、当期純利益が2億3300万円の見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集