東京マラソン規制路線は横断できません

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

東京マラソン規制路線は横断できません
  • 東京マラソン規制路線は横断できません
  • 東京マラソン規制路線は横断できません
  • 東京マラソン規制路線は横断できません
18日午前9時、「東京マラソン」がスタートする。3万人が参加して最長7時間の公道封鎖で展開する大規模マラソンだが、当日、都心に出かける人は、自動車でも徒歩でも相当綿密なコース確認が必要になりそうだ。

それというのも、東京マラソンは規制時間が長いことに加えて、規制時間中は歩行者であっても、規制路線を横断することができないからだ。

通常の市民マラソンでは、走者の流れの切れ目を見計らい、現場の警察官らが歩行者の横断を許可することが多い。このような場合は、踏切で電車の通過を待つ時のように、ある程度時間が経過すれば通行が可能となる。

ところが、警視庁はそうした例外を東京マラソンで認めることはしない。当日の規制はスタート地点の東京都庁付近では早朝6時30分から始まり、最も遅いゴール地点の東京ビッグサイト前では夕方4時40分まで続く。これによって主要な幹線道路が3時間から5時間にわたって通行止めとなる。

この間は、規制路線だけでなく交差する幹線道路も寸断されることになる。目の前に目的地があっても横断できない。迂回のためにかなりの時間を想定しておく必要がある。また、いつもとは違った道路事情に見学する人も混乱しそうだ。

警視庁はすでにこうした問い合わせに忙殺されている。取材の問い合わせにも「今聞かれても、回答できるのはマラソンが終わってから」(同広報課)という有様だ。休日の都心の道路は混雑から開放され、つかの間の休息となるが、この日ばかりはそうはいきそうにもない。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集